右目と左目で、見ている物の位置がすごく違っていたら西島眼鏡店に行きましょう!とても目が疲れる。いつも肩コリがひどい!西島眼鏡店のタツシは「隠れ斜視」の発見でそれを改善した経験者です。きっと、あなた様の気持ちが解るので、相談して下さいね!

それは私が、40代半ばの時のことでした。なんのきっかけもなく、ある時から急に

何をしていても、目が不思議な位に異常に疲れ、重荷を背負っているような、ひどい肩コリが、常にある状態になりました。

一体どうしたんだろう?何か病気だろうか?

そんな気持ちになる位の症状でした。

メガネで幾つかの事を試しましたが、改善の兆しがありません。

そんな時、折良く、日本眼鏡技術者協会の検実技講習会に参加の機会がありました。

講義の為に、出席者の一人がモデルとして検眼されますが、真っ先に手を上げて、実験台として検眼をしてもらいました。

検眼が進み、ある検査になった時、講義室が

「おぉ〜!」と大きくどよめきました。そう、隠れ斜視の検査(プリズム検査といいます)で、通常を大きく越える値が、測定されたのでした。

二つの目は、物を一つの像として捉える為に、両目が同時にその物に対して位置合わせをします。その位置合わせをするのに、目を動かす筋肉の関係で、とても努力を要するタイプの目があります。

それが「隠れ斜視」です。

目の位置合わせの努力を助けるために、レンズに、光を特定の方向に曲げる機能を付け加えます。それを「プリズム」と言います。

そんなメガネはきっと違和感があるんだろうな〜と思って掛けたら「あれっ?」て言うほど普通です。それと、レンズが厚くなったりもせず、外観も、これまた普通です。

コレがそのメガネ

そして問題の、肩コリと目の疲れ。

波がサーっと引くように良くなりました。

私の場合、症状が急に出ましたが、中には、この問題を永年抱えたまま過ごしてられる方があります。

「私は疲れ目のタイプだ」

「肩がコリやすいタイプだから、これと付き合っていくしかない」

もし、あなた様がそんな気持ちでいらしたら、

あなた様の、日常の素直な言葉で、それを話してください。

きっと解決の糸口があります。

片目ずつで物を見て、物がぴょん!と飛ぶように移動したらニシジマに来て下さい。

西島眼鏡店は、そんな相談ができる場です。

下の地図を見て、いらして下さいね。↓

もうすぐ100周年 西島眼鏡店

三代目 タツシ

 

あなたも周りも幸せになるメガネを一緒に見つける店

西島眼鏡店

営業時間 平日/11:00~19:00
土/11:00~17:00
定休日 日曜、祝日、月曜

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2丁目5-2 TEL:03-6205-4050