手作り新聞「ひゃくつう」読者のあなた様へ。人生を豊かにする「伝え合う 場ニシジマ」。今回は「手仕事の尊さを伝える、尚子さん」その1です。

 

右手後ろに写っているのは、大正時代の店内での祖父です。

ひゃくつう読者のあなた様には、

時間を忘れて熱中してしまうことや、

大切にしている経験ををお持ちかと思います。

そんな世界をおしえて頂けたら、

人生楽しく豊かになると思いました。

それが「伝え合う場ニシジマ」です。

今回は、ニシジマ初来店は40年前

『「ひゃくつう」 とってありますよ』

と仰る尚子さんが、手仕事の尊さを伝えて下さいます。

『初めまして。登坂尚子(とさかなおこ)と申します。nakobo(なこぼ)という屋号で、刈り取ったままの羊毛を、洗い、足踏みの紡ぎ車で糸を紡ぎ、手織りし私一人の手仕事でマフラーやショールなどを作り上げています。そこで大切にしている気持ちは、
〈あなたの内側にある

とても大切ななにかを

あなたの手のひらのなかに〉

軽くて柔らかい私の作品を西島さんのお店で、手にとって体感して下さると嬉しいです。』

そんな尚子さんは電子工学科卒!

ピアノの調律師を経て織り歴21年、

絶対読んで欲しい尚子さんプロフィールです↓

https://note.com/nakobo_ori/n/n9076c67163c3

沢山の事に関わりながら、自然体で一途な生き方、何となくワクワクしますよね!

次回は私達も愛用している、尚子さんの作品を、ご紹介します。

 

一人ひとりが輝き、みんなが豊かに。それが「伝え合う場ニシジマ」です。

だからココ↓

西島100Nen眼鏡店

三代目 西島タツシ

 

あなたも周りも幸せになるメガネを一緒に見つける店

西島眼鏡店

営業時間 平日/11:00~19:00
土/11:00~17:00
定休日 日曜、祝日、月曜

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2丁目5-2 TEL:03-6205-4050